現在地

明目地黄丸

明目地黄丸
¥700

(めいもくじおうがん)

製造元:蘭州佛慈製薬股分有限公司

成分:熟地黄、山薬、山茱萸、茯苓、牡丹皮、澤潟、枸杞子、菊花、石決明、当帰、白芍、疾藜。

効用:滋腎、養肝、明目。肝臓と腎臓おの陰虚、目が乾く、光がいやがる、かすみ、風が吹くと泪が出やすい等。目の疲れ、視力減退解消。目と肝臓、腎臓は密接の関係があり、目の酷使で体質が弱まると、目が疲れやすくなります。明目地黄丸は肝臓と腎臓の調子を整え、目の疲れや視力減退を改善します。養生効果を含めて、長期服用も可能です。風が吹くと泪が出やすい、充血しやすいなど症状にもどうぞ。

注意:突発性火眼の方は使用しないで下さい。その症状は、眼白に充血して赤くなり、光を嫌がり、涙、目やにが多い。

用法用量:1回8~10丸、1日3回。

1箱200丸(小丸薬、約1週間分)